【注意!】ハイビット「光ギガ」2回目の行政指導悪質な勧誘に再度指導が入る。

【注意!】ハイビット「光ギガ」2回目の行政指導悪質な勧誘に再度指導が入る。

前回は去年の2月にハイビット(TOPPA)や(光ギガ)を運営する「hi-bit」が光アクセスサービス光コラボの卸売りサービスで契約内容に虚偽の説明をし、不適切な販売を続けていることなどから再度総務省から行政指導が入ったようだ。

光ギガに行政指導が入ったと思われる主な理由

光コラボレーション「光コラボ」を行う上で適切に処理すればまったく問題ない内容だが、契約する上で必要な内容について不十分な説明で契約をし

通常、契約者本人しか取得できない『転用承諾番号』を取得したり、料金についてしっかりと説明をしていなかったりというのが背景にありそう。

光ギガ前回の行政指導について

2015年2月27日に行政指導が入った。

電話勧誘において、「不適切」な販売勧誘方法が確認されたので改善しなさい。
転用に必要な転用承諾番号の取得を利用者以外が行うことはダメですよ。
強引な勧誘をしてはいけないのでちゃんと説明しましょうね。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP